古いAQUOSにトランスミッターを差し込んでワイヤレスイヤホンに接続

私はよく、料理しながら動画を見ています。iPhoneとワイヤレスイヤホンをつないで、iPhoneを立てかけて見ていました。

でも、テレビを見たいときもあるんですよね。

キッチンではテレビが見えても音がよく聞こえない

我が家は、キッチンカウンターで、リビングに置いてあるテレビがキッチンから見えます。

ですが、水道の蛇口から出る水しぶきの音やら、換気扇の音やらで、キッチン内は意外に騒々しい。

テレビが見えても、音がよく聞こえません。

最近のテレビはどうなのかわかりませんが、我が家の旧型AQUOSには、Bluetooth機能はなし。

何か、良い方法ないのかな?と調べてみたら、ありました。テレビから、Bluetoothでワイヤレスイヤホンに接続できる方法が。

トランスミッターを購入してテレビのヘッドホン端子に差し込むだけ

必要な道具は「トランスミッター」です。私が購入したトランスミッターはこちら↓

Bluetoothトランスミッター ELEGIANT Bluetoothレシーバー (受信機 + 送信機 一台二役) オーディオ デジタル トランスミッター ワイヤレス 小型 高音質 2台同時接続 Bluetooth4.1 低遅延 パソコン/イヤホン/テレビ/車

このトランスミッターという機械を、テレビのヘッドホン端子に差し込みます。

そして、トランスミッターとワイヤレスイヤホンをBluetoothで接続すると、テレビの音がワイヤレスイヤホンから流れるんです。

テレビの音をBluetoothで飛ばせると想像以上に快適!

こんな便利なものがあるとは、まったく知りませんでした。

テレビの音をBluetoothで飛ばせると、想像以上に快適です。

家事をしながら部屋を移動しても、10m程度ならそのまま音を聞いていられます。

自分の好きなテレビを見ながら、あっという間に家事がはかどるようになりました。

次に買うときにはaptX Low Latency対応を購入したい

トランスミッターの存在自体を知らなかった私は、ひとまずAmazonのレビューがある程度良くて、価格が安いトランスミッターを一台目として選びました。

もし今後また購入する機会があったなら、「aptX Low Latency対応」の機種にしたいと思っています。

一台目に購入したこちらの機種は2,000円台でしたが、aptX Low Latency対応の機種は倍くらいの価格です。

TROND 2-イン-1 Bluetooth トランスミッター レシーバー AptX Low Latency対応 送信機 受信機 光デジタル入力 3.5mm AUXジャック 500mAhバッテリー内蔵 2台ワイヤレスヘッドホン同時にAptX LL接続可能 コーデックインジケーター付

「aptX Low Latency」は「apt-X LL」と略して書いてあることもあります。これは、コーデックの規格を表しています。

aptX Low Latencyは「低遅延」なんです。つまり、動画に対する音の遅れが最小限ということ。

私が購入したトランスミッターは「aptX対応」で、これでもほぼ、遅延は気にならないのですが、よく見ると遅れているのがわかります。

なので、今後購入するなら、さらに遅延が気にならないaptX Low Latencyにしたいなと思いました。

イヤホン側もaptX Low Latencyに対応していないと意味なし

注意点として、トランスミッター側がaptX Low Latency対応でも、受信するイヤホン側もaptX Low Latencyに対応していないと、aptX Low Latencyの低遅延の恩恵にはあずかれません。

私が現在持っているワイヤレスイヤホンは、aptX対応。どの道、aptX Low Latencyを買っても生かせきれないのですね。

ちなみに、aptXよりも遅延する「SBC」対応のスピーカーとつないだら、気が散るほど遅延が気になりました。

aptX Low Latency対応を購入しないにしても、最低限、aptX対応のトランスミッター&イヤホンまたはスピーカーを使った方が、良さそうです。



この記事をシェアする