猫の歯磨きシートは誤飲リスクあり 子猫の頃に飲み込んでしまった経験談

前回、現在の歯磨きケアについての記事を書きました。

前回の記事

この方法にたどり着くまでは、歯磨きがとても苦手だった我が家の愛猫。

いろいろな方法を試す中で、歯磨きシートも試したことがあります。ところが、誤飲してしまったのです。

1歳の頃、歯磨き中にシートが口の奥に滑り込み、そのまま飲んでしまった

それは、まだ1歳の頃でした。

歯磨きシートを使って、口の中を拭いていました。

スーパーキャット (Super Cat) らくらく歯みがきシート プレミアム 30枚入×2個パック

それが、一瞬のうちに口の奥に滑り込み、そのまま猫が飲んでしまったのです。本当に、一瞬のことでした。

手に巻き付けて使っていたのですが、それが緩んだのか、吸い込まれるように口の中に入って、ゴクッと飲んでしまったのです。私のミスでした。

慌てて獣医さんに電話。排泄されるか吐くかを待つようにとの回答

その場で、慌ててかかりつけの獣医さんに電話しました。

すぐに連れて行った方が良いか尋ねると、本人の元気があるかを確認され、元気であれば2〜3日で排泄されるか吐くかの可能性が高いので、まずは様子を見るようにとのこと。

もう生きた心地がしない思いで、様子を見ていました。

(本人はケロッとしていて、元気にしていました)

翌日、ケポッと吐き戻す

うんちから出てくるのか、吐いてくれるのか、そうならなかったらどうしよう……、という思いで見守っていましたが、翌日にケポッとシートだけをそのまま吐き出しました。

心底、安堵して、すぐに獣医さんに報告の電話をしたのを覚えています。

それからは、歯磨きシートは怖くて、一切使わなくなりました。



この記事をシェアする