MacBook第2世代バタフライキーボード壊れて勝手に連打 無償修理で直してもらった話

私が使っているMacBook (Retina, 12-­inch, 2017)は、第2世代のバタフライキーボードを搭載しています。

「ほこりが入りやすく壊れやすい」とは聞いていましたが、実際に調子の悪い日々が続いて、困りました。

結局、無償修理で直してもらいました。

enterキーが勝手に連打されてイライラ

困っていた症状は、

  • enterキー(returnキー)が勝手に連打される

というものです。

1回しか押していないのに、2回押したことになっている。

enterキーは非常に良く使うキーですから、文章をうまく打てずに、とてもフラストレーションが溜まりました。

一度は様子見で直ったが1カ月後に再び発生

実は、enterキーの調子がおかしくなる1カ月ほど前に、左側のshiftキーの調子もおかしくなっていました。

このときは、

  • キーを押す場所によって反応が悪い

という症状でした。

Geniusバーを予約して見てもらいましたが、見てもらったときには、なぜか改善しており、そのまま様子見をしていました。

時間の経過とともに直ることもあるので、やはりほこりが入り込んでいる可能性があるのでは?と思っていました。

enterキーは掃除しても様子を見ても全然直らず

その後、新たに発生したenterキーの不調。こちらは、キーボードを念入りに掃除しても、まったく状況変わらず。

数日、様子見をしていましたが、連打される症状は直りませんでした。

配送修理で48時間で修理完了して戻ってきた

以前、水没修理をしたときに、

  • Macの修理は、店舗経由ではなく、配送が一番早い

と学んでいたので、今回も配送修理の段取りをしました。

配送修理の流れについては、下記記事で詳しく書いています。

↑のときと同じく、金曜午前中にヤマト運輸にMacBookを引き渡し、翌土曜日に修理完了してAppleから発送され、日曜午前中に私の手元に戻ってきました。

実質、MacBookが手元から離れたのは48時間です。

修理内容は、水没修理のときと同じく、キーボード全体が新品に交換されていました。

データはそのまま残っていた

水没修理のとき、データをバックアップしたものの、何も消えていない状態で返ってきたことを書きました。

その経験があったので、今回も念のためバックアップを取りつつも、「また、そのまま返ってきてくれるのでは?」と期待していました。

その通り、金曜日にヤマト運輸に引き渡したときと、変わらない状態で戻ってきました。

いつも通りログインして、そのまま使えました。

修理代金は1年間の製品保証の範囲内で無償

修理代金は、購入後1年間の製品保証の範囲内で無償でした。

Appleでは、追加料金を支払うと3年間の延長保証を付けることができます。

MacBookの前に使っていたMacBookAirでは、まったく故障がなかったので、MacBookを買ったときには付けていませんでした。

ですが、今後、また頻繁にキーボード故障が起きて、その度に修理費用が発生したら困ります。そこで、3年保証を追加購入しました。

参考

MacBook の保証期間の延長は?
「AppleCare Protection Plan for MacBook 」は、ハードウェアの修理サービスと電話サポートの期間を MacBook 購入後の3年間に延長します。「AppleCare Protection Plan for MacBook」は、MacBook の1年間の製品保証期間内に限りご購入いただけます。
Apple

MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラムが開始

この記事を書いているときに改めてAppleのページを見ていて、2018年6月に、キーボード修理プログラムが開始されたことを知りました。

MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム – Apple サポート

以下引用

特定の MacBook および MacBook Pro モデルのごく一部のキーボードに、以下の症状 (の 1 つまたは複数) が現れる場合があることが判明しました。

・文字が勝手に反復入力される
・文字が表示されない
・押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない

Apple または Apple 正規サービスプロバイダでは、対象となる MacBook および MacBook Pro のキーボードを無償で修理させていただきます。修理内容はキーボードの検査後に決まります。1 つまたは複数のキーの交換や、キーボード全体の交換が必要になる場合もあります。

対象モデル
お使いのコンピュータのモデルを確認し、それが本プログラムの対象となるかどうかを調べるには、Apple () メニュー >「この Mac について」を選択してください。本プログラムの対象となるモデルは以下の通りです。

MacBook (Retina, 12-­inch, Early 2015)
MacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)
MacBook (Retina, 12-­inch, 2017)
MacBook Pro (13­-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
MacBook Pro (13-­inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
MacBook Pro (13-­inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
MacBook Pro (15-­inch, 2016)
MacBook Pro (15-­inch, 2017)
Apple サポート

3年保証に入っていなくても、キーボードの修理は無償になるようですね。

修理が終わったMacBookは、とても快適に動いてくれています。万が一、また調子が悪くなっても、48時間で修理できると思えば、まあいっか、という気持ちです。

MacBookに第3世代のバタフライキーボードが搭載されたら、そのときには買い替えを考えようと思います。



この記事をシェアする