電子レンジ内側の汚れ掃除 アルカリウォッシュが一番きれいに取れた

つい、放っておくと汚れがこびりついてしまうのが「電子レンジ」です。

電子レンジの掃除はいろいろ試してみましたが、断トツでピカピカになるのは「アルカリウォッシュ」でした。

アルカリウォッシュを使う電子レンジ掃除の方法

アルカリウォッシュ(セスキ炭酸ソーダ)を使う電子レンジの掃除方法は簡単です。

アルカリウォッシュ 500g

まずは、アルカリウォッシュスプレーを作ります。

500mlに対してアルカリウォッシュ5g(小さじ1)を溶かして、スプレー容器へ。

このスプレーを、電子レンジ内にシュッシュッ!とスプレー。

軽い汚れの場合

そのままふきんで拭き取るだけでピカピカになります。

手強い汚れの場合

手強い汚れの場合は、スプレーした後に10秒ほど、電子レンジを加熱します(足りなければ時間を少しずつ増やします)。

すると、つるん!と汚れが落ちるようになるので楽ちんです。

ガラス窓部分がピカピカになるのがいい!

アルカリウォッシュを使って電子レンジを掃除すると、ガラス窓部分が曇らずにピカピカになります。

これが、大きなポイントのような気がします。

ただ油汚れを落とすだけなら他の方法もあります。が、電子レンジの扉にはガラス窓がついています。

電子レンジ内の油汚れはきれいになっても、ガラス窓がピカピカにならないと、爽快感がありません。

アルカリウォッシュは、ガラス窓もピカ!!ときれいになるので、気持ちが良いのです。



この記事をシェアする