計量カップはハリオのビーカーで代用。白くてシンプルですっごくかわいい

ただ水を計るときに使う、できるだけシンプルな計量カップを探していました。

計量カップは、目盛りが赤文字のものが多いのですが、ただ水を計りたいだけなので、白で良いのです。

なかなか見つからないな……、と思っていたところ、計量カップではなく「ビーカー」を発見。

これが、コロンとなんだかとてもかわいくて、今では愛用品です。

ハリオのビーカー200ml

愛用しているビーカーは、こちら。

シンプルで、かわいい!と一目惚れ。

私が持っているのは200mLですが、他に50mL・300mL・500mLなどなど、さまざまなサイズがあります。

ハリオのビーカー一覧はこちら

200mLのビーカーは、50mLごとに目盛りがついています。

目盛りの精度を計ってみましたが、ぴったりでした。さすがビーカー。

私がこのビーカーを使うときは、シンプルに水を計りたいとき。

料理用の計量カップとして売られているものは、大さじ・小さじ・砂糖・小麦粉など、使わないたくさんの目盛りが付いていますが、ビーカーはそれがなくスッキリしています。

取っ手がないのも、洗いやすくて収納しやすいので気に入っています。

大容量を計るときは野田琺瑯のビーカーを愛用

ハリオのビーカーは200mLですが、大容量を図りたいときには野田琺瑯のビーカーを愛用しています。

野田琺瑯 ホーロービーカー 1L HB-010

こちらは取っ手がありますし、直火OK。熱湯を計るときや、調味料を入れて火に掛けたいときには野田琺瑯という使い分けで、快適です。

野田琺瑯のビーカーの目盛り

ビーカーのような精度はありませんが「メヤス」というレトロな印字とともに、100mLごとの目盛りが付いています。

野田琺瑯のビーカーもさまざまなサイズがありますが、私が持っているのは1リットルのサイズ。

お味噌汁や鍋料理など、500mL〜1,000mLの計量をしたいときに、一気に計れるので便利です。

ミルクパンとしても重宝しています。

関連記事

逆に少量を図りたいときはミニ計量カップ

逆に、大さじ1〜3程度の少量を図りたいときには、ミニ計量カップを愛用しています。

貝印 料理家の逸品 プチ計量カップ DH-2510

10mLずつの目盛りと、大さじ1〜大さじ3、小さじ1〜小さじ6の目盛りがついていて、調味料の計量にとっても便利です。

関連記事

それぞれの計量ツールたちが適材適所で活躍してくれているので、今のベスト布陣です。



この記事をシェアする