外側から1枚ずつ剥がしたキャベツでもスライサーやピーラー皮むき器で千切りできる?

先日、キャベツを長持ちさせる保存方法について書きました(こちら)。

このキャベツを使っていくときは、丸ごと包丁を入れてカットするのではなく、外側から一枚ずつ剥がして使っていきます。

こうなると、ちょっと困るのが千切りです。

丸めて包丁で切るなら全く問題ありませんが、スライサーやピーラー(皮むき器)を使った千切りはどうでしょうか。

丸めてスライサーにチャレンジするも惨敗

私がキャベツの千切りに重宝していたのは、「ピーラー(皮むき器)」です。

半分に切ったキャベツの断面にピーラーをすべらせると、細い千切りキャベツがすいすいとできます。

ところが、一枚ずつ剥がしたキャベツの葉は、皮むき器で千切りにすることができません。

そこで、キャベツの葉をまるめてスライサーでスライスするというやり方にチャレンジしました。

結論からいえば、あえなく惨敗。

スライサーの厚みよりもなぜか厚くスライスされたり、破片が混じったり、とにかくひどい出来映えでした。

意外に包丁による千切りもいける!

仕方ないので、包丁による千切りにチェンジ。

皮をクルクルと丸めて、端から千切りしていきます。

キャベツの千切り

キャベツを葉っぱを丸めて

キャベツの千切り

端からカット

千切りは、ピーラーやスライサーまかせで今まで生きてきたので、もっとひどい出来になるかと思いきや、意外といけました!

ピーラーやスライサーで作る千切りと同じくらいか、場所によっては、より細い千切りができています。

1枚ずつ洗ってから千切りして水にさらさないキャベツはおいしい

もうひとつ、うれしい誤算がありました。

自分で千切りしたキャベツは、パリッとしていておいしいのです

まとめて千切りして、野田琺瑯に保管しておいた場合でも、数日以上パリパリ度がキープされます。

(※1)こんな感じ↑で、野田琺瑯のスクウェアMに保存しています。

野田琺瑯 スクウェアM ホワイトシリーズ WS-M

(※2)「キャベツ」と書いてあるのは、テプラの手書きフォントを使っています。

キングジム ラベルライター テプラPRO SR-GL1 シェルピンク
一度野田琺瑯に貼ると洗っても剥がれずそのまま使えます(キングジム ラベルライター テプラPRO SR-GL1 シェルピンク

キャベツの千切りは水にさらす?

ピーラーやスライサーを使ってキャベツの千切りをしていたときは、千切りする前にキャベツを洗うことができないので、千切りした後のキャベツを水に放していました。

「千切りしたキャベツは水にさらす必要がある」としているレシピ本は多々ありますので、それに従いつつ洗浄も兼ねているつもりでした。

でも、包丁で千切りするようになって、水にさらすのはやめました。その方がおいしかったからです。

1枚ずつキャベツの葉を剥がしたら、その葉を水でジャブジャブ洗って、ふきんで水気を拭き取ったあと、クルクル丸めて包丁で千切りする……という段取りです。

むしろ今までよりも手間は減った

やってみる前は「1枚ずつ洗うのは面倒なのでは?」と思っていましたが、むしろ今までのやり方よりも楽になりました

今までは、水をためたサラダスピナーに千切り後のキャベツを放っていました。

スライスしたときにサラダスピナー内にうまく入らず飛び散るキャベツの片づけや、使ったあとのサラダスピナーの洗浄が、結構たいへんだったことに気づきました。

千切りしたキャベツって、サラダスピナーのざるに挟まったり、シンクにへばりついたり、結構ストレスなんですよね。

包丁でパパッとカットするだけだったら、他の料理の工程の中でできることですから、新たな道具は登場しませんし、千切りキャベツの飛び散りなどに悩まされることはありません。

その上、味がおいしいのですから、いうことなしです。

少しずつ千切りすると細い千切りになる

キャベツの千切りのコツは、少しずつ切ることでしょうか。

いっぺんにたくさんの大きな葉を切ろうとすると難しいですが、少しずつ小さな葉を丸めてカットしていくと、細かい千切りができます。

それから、柔らかい葉の部分のほうが、きれいな千切りができやすいですね。

白い芯に近い部分は、太い千切りになりがちなので、そういう部位は早々に諦めパクッと食べて、柔らかい葉を集中的に千切りするようにしています。



この記事をシェアする