たまごのなめらかスティックを使うと白身も黄身も完璧に切れる おすすめ方法

「わざわざ、そんなものいるかな?」と思いつつも、買ってみた「卵を混ぜるため専用のスティック」。

これが、と〜〜っても便利でした。買って良かった代物です。

サンクラフト「たまごのなめらかスティック」は評判通り便利!

先日、ポテトングを販売しているメーカーの「サンクラフト」が、ポテトング以外にも、すてきなツールをたくさん出していることを書きました。

このサンクラフトから出ている「たまごのなめらかスティック」が、また優秀なんです。

サンクラフト たまごのなめらかスティック イエロー TS-01

今まで、卵焼きや茶碗蒸しなどに使う卵液を混ぜるときには、菜箸を使っていました。

  • 八の字を描くように……

とつぶやきながら、ぐるぐるぐる。

それで、何とか間に合ってはいたものの、たまごのなめらかスティックを使うと、レベルの違う混ざり具合だと聞いて、試してみたくなりました。

結果、本当にその通りでした。

輪っかになっている部分を卵液に浸して、くるくると回すだけで、黄みも白身も、あっという間に切れ、均等に混ざっていきます。

本当に早いですし、きれいです。

たまごのなめらかスティックで混ぜると、電子レンジでもおいしい卵料理ができる

卵の混ぜ具合が足りないと、電子レンジにかけたときに、爆発します。

それが怖くて、卵を電子レンジで調理することは、ほとんどありませんでした。

しかし、たまごのなめらかスティックで混ぜた卵なら、電子レンジでチンしても、爆発しません

それどころか、いとも簡単に、ふわふわ卵焼きや、なめらか茶碗蒸しができあがります。

これはすごい!と感動。

ちょっとした道具ですが、あるのとないのとでは、大違い。またしても、サンクラフトさんの良い仕事を見せつけられたような気分です。

ちなみに、輪っかになっているのと逆側は、スパチュラ的に使えるようになっています。ジャム瓶の底をすくったりするのに、便利です。

たまごのなめらかスティックはこちら



この記事をシェアする