捨てるのがもったいないキレイな紙袋の利用方法はブックカバーがおすすめ 作り方はとても簡単

きれいな紙袋をいただくと、そのまま捨ててしまうのは心が傷みます。

かといって、保管しておいても、何年も使わないことがほとんど。だから紙袋の保管はしていません。

その代わり、きれいな紙袋は、ブックカバーにしています。

紙袋ブックカバーの作り方

使う紙袋はこちら。

お花がとても華やかでうつくしいデザインです。

1紙袋の糊部分をペリペリと剥がして、1枚の紙にします。

底を剥がして

サイドも剥がす 剥がしにくい場合はカッターナイフやはさみを使って

2包みたい本を紙の上に置いて、サイズを決めます。

本に紙を巻き付けて、折り目を付けておくとわかりやすいです。

その折り目に、上下3cm・左右5cm程度の余白をもって、紙をカットします。

3カットができたら、折って完成。

とっても簡単です!

ブックカバーの折り方」がわからない場合は、ブックオフのサイトの説明が丁寧でした。

四六判(129mm×188mm)の本2冊分のブックカバーできあがり

今回使った紙袋のサイズは220mm×280mmだったのですが、四六判(129mm×188mm)の本2冊分のブックカバーができあがりました。

読書の時間が楽しくなりそうです。



この記事をシェアする