AppleのiTunes・iCloudのクレジットカード支払いエラーの原因は海外利用を停止したことだった

ある日、Appleから、

  • 「請求を 2019/*/* に行いましたが、お支払い情報に問題があり、請求処理が完了できておりません。」

というメールが届きました。

Appleのアカウントに登録しているのはクレジットカード。

しかし登録したのは随分前で、毎月問題なく引落しされていました。

カードが停止しているわけでもありません。

カードを登録しなおそうとしてもできない

届いたメールには、

請求情報を更新する場合は次の手順に従ってください:

1.
「設定」を開き、「iCloud」をタップします。

2.
お名前をタップしてください。

3.
「お支払い」をタップして、画面の指示に沿って操作します。

また、Mac または PC でもお支払い情報を更新できます。

と書いてありました。

そこで、iPhoneから支払い方法の変更を試みます。

といっても、カードには問題がないはずなので、再登録しようとしたところ、「このカードは使えません」という表記が出て登録ができません。

原因はカードの海外利用を停止したことだった

困ってあれこれ調べた結果、原因は数日前にカードの海外利用を停止したことでした。

セキュリティを向上させるために、カード会社のサイトから海外利用を停止する設定をしていたのです。

海外利用を再開してからカードを登録し直すと、無事に登録することができました。

Appleの引落しは海外経由になっている模様

詳しいことはわからないのですが、Appleの引落しは海外経由になっているのでしょう。

いったい何が起きたのかと、ヒヤッとする出来事でした。

海外利用は停止しておきたかったのですが、Appleの支払に使うならできないようです。



この記事をシェアする