うちの猫はお風呂をやめてからの方が体調が良い 時々拭く程度で十分 目やにはコットンで毎日ぬぐう

我が家の愛猫は、もともと、保護猫でした。

子猫の頃は、ノミがたくさん付いていたこともあり、定期的にシャンプーしていました。

でも、今ではまったく、お風呂に入れていません。

お風呂に入れない方が体調が良い様子

定期的にお風呂に入れていた頃は、時折、体調を崩していたように思います。

今思えば、お風呂に入れることで、何らかの影響があったのかもしれません。

使っていたのは、シーディーム(C-DERM)のシャンプーです。私が使っているシャンプーよりもずっと高い、3,800円。

シーディーム (C-DERM) キャットシャンプー 8オンス(238ml)

できるだけ、ナチュラル成分のシャンプーを選んでいましたが、本当にナチュラルに生活してもらおうと考えたら、お風呂は不要という結論になりました。

ペット用ウェットシートの類いも不使用

その後、一時期、ペット用のウェットシートを買ってみたこともありました。

ペットキレイ シャワーシート短毛猫用 30枚

確かに、毛にツヤが出ますし、さっぱり汚れが取れる感じはしました。

でも、やはり体中をなめ回す猫の場合、何らかの洗浄成分なりツヤだし成分なりが配合されたウェットシートには抵抗があり、すぐに使うのをやめました。

目やにはコットンに水を含ませて拭く

我が家の猫は、出会う前の子猫の頃に猫風邪をこじらせていた影響で、いつも目やにが出ています。

これは放置すると涙焼けがひどくなってしまうので、毎日、拭いています。

このときに使っているのは、コットンです。

オーガニックコットンパフLサイズ 120枚
私が化粧水用に使っているものと共通で使っています
オーガニックコットンパフLサイズ 120枚

お湯をたっぷり含ませて、目やにをふやかすようにして、ぬぐっています。

体は時々タオルで拭く

体は、時々、温かいタオルで拭いています。気持ち良さそうにしてくれるので、お互いに楽しい時間です。

頻度としては、1週間に1〜2回というところでしょうか。

お風呂をやめてから体調が整った感があることから、毎日、拭きすぎるのも良くない気がして、これくらいの頻度にとどめています。



この記事をシェアする