猫の爪切り、深爪で出血を防止するストッパー付きネイルカッターは買って良かった

猫と暮らしていますが、2〜3週間に1度の頻度で、爪切りをしています。

何十回と繰り返した爪切りの中では、誤って深爪してしまい、血が出てしまったことも。

そんな失敗をなくすため、新しい爪切りを購入することにしました。

ストッパー付きのネイルカッター

今まで使っていた爪切りは、こちら↓です。長年、買い替えなしで使ってきたので、切れ味が徐々に悪くなっていました。

キャティーマン (CattyMan) CC にゃめらカーブ爪切り(キャティーサロン カリーニャ)

そこで新しく買い替えるにあたって、

  • 深爪を防止する

という機能を持つ爪切りを探した結果、ありました。「深爪防止ストッパー」が付いている爪切りです。

ペティオ (Petio) プレシャンテ ネイルカッター ストッパー付 猫用

深爪防止ストッパーの仕組み

「ストッパー」ってどんな仕組みなんだろう?と思ったら、下記の図で使い方が解説されていました。

ペティオ (Petio) プレシャンテ ネイルカッター ストッパー付 猫用使い方ペティオ (Petio) プレシャンテ ネイルカッター ストッパー付 猫用

爪の先が、ストッパーに当たって止まるようになっているので、深爪になりようがないという仕組み。

ストッパーを使った場合、切れる長さは2mmです。

ストッパーは外して使うこともできます。

最初は、2mmずつしか切れないと不便かも?と思いましたが、ストッパーを外して普通の爪切りとしても使用できるので、問題ありませんでした。

実物は、こちらです。

深爪防止機能付きの猫用爪切り

裏側から見ると、こんな↓感じです。

深爪防止機能付きの猫用爪切り

ストッパーまでの長さ(2mm)しか切れないようになっています。

何も考えなくても2mmで均等に切れる

ストッパーを閉じた状態で使うと、特に狙いを定めることもせず、何も考えずにサクサク切っても、均等に2mm幅でカットできるという安心感があります。

ただ、実際に使ってみると、猫の爪の2mmって結構切れるんですよね。

当たり前ですが、深爪になるまでの長さが2mm以上ないと、ストッパーを付けて切っても、深爪になります。

すでに短い爪を切るときには、ストッパーを外して慎重に狙いを定めて切る必要があります。

うちの猫は怒らないやさしい子だけど…

うちの猫は、私に対して怒ることがありません。

長い共同生活の中で、何度か、爪を深爪してしまったことがあります。

「にゃっ!」と言ったあと、私にしがみついてペロペロなめてきます。

そんな姿を見ると、本当に心底、自分をぶん殴りたいくらいに反省しておりました。

ストッパー付きの爪切りを入手したこれからは、もう二度と深爪しません。

ストッパー付ネイルカッターはこちら



この記事をシェアする