猫の下顎のおでき(イボ?しこり?)に気付いて病院で診てもらった話

先日、猫の体を触っていると、ポコッとした小さなおできを見つけました。

ちょっとヒヤッとして、いろいろ調べましたが、獣医さんに診てもらったら、現状では問題なさそうという判断でした。

イボ・おでき・腫瘍(良性・悪性)といろいろある

まず、猫のイボやおできについては、下記のページが詳しかったです。

ただ、どのページを見ても、

  • 自己判断せずに獣医師の診断をあおぐこと

……と書いてあります。

素人がネットの情報片手に判断するのは、危険そうです。

うちの猫に発見されたおできの詳細

うちの猫の場合、発見されたのは下顎のあたりです。

下顎をなでていたら、コリッとする米粒大のしこりを発見。

米粒よりも小さいかもしれません。「固いゴマ」の方がイメージに近いかも。

コリコリしていて、皮膚の中にあり、癒着はしていなくて、動きます。

とても小さいので、場所をしっかり覚えておかないと、触ってもすぐに見つけられません。

あとでわからなくならないように、その部位を私の指で押さえた状態で、1枚写真を撮っておきました。

ちなみに、毛をかき分けても目視はできなくて、皮膚の中にできているしこりのようです。

診察結果はただのイボの可能性が濃厚

ちょうど、ほかの件で近々来院する予定があったので、見つけてすぐに動物病院で診察してもらうことにしました。

先生に診せた結果、

  • 「特に問題のない、イボである可能性が高い」

ということでした。ホッと一安心です。

小さすぎると検査自体ができない

ちなみに、今の状態のサイズだと、「心配だから念のため検査をしたい」と言っても、小さすぎて検査ができないそうです。

検査するためには、ある程度の大きさが必要なのですね。

今のところ様子見

もし今後、大きくなってくるようだったら、また検査をすることになりました。

今のところは様子見でOKでした。



この記事をシェアする