猫のセミントラ飲ませ方。与える量や吐く場合の工夫

うちの愛猫は、セミントラを飲んでいます。

シロップ状で、錠剤よりは飲ませやすいのですが、一時、飲ませた直後によく吐いていました。

セミントラの使用方法

まず、添付文書に書いてある飲ませ方(使用方法)がこちらです。

セミントラの飲ませ方(添付文書より)

シリンジから吸い取る

こんな感じで、青いシリンジを白いボトルの先に差し込んで、吸い取ります。

目盛りは体重表記

シリンジには目盛りが振ってありますが、これは体重表記です。

4kgの猫なら、4の目盛りが飲ませる量になります。

セミントラの目盛りは体重表記

与え方は口からでもフードにかけてもOK

飲ませ方は、シリンジから直接、口の中に入れて飲んでもらっても、フードにかけてもOKです。

セミントラの与え方

出典:Sem-panf_改訂版_8

我が家の場合の飲ませ方

フードはドライなのでかけることはできず

我が家の場合、フードはドライなので、フードにかけて食べてもらう選択肢はありませんでした。

セミントラは、かなりベタベタとしたシロップです。うちの猫は、ドライがカリカリでないとまったく食べないので、フードにかけても食べてくれません。

ウェットフードなら、かけてもバレずに食べてもらえる可能性が高そうです。

獣医さんが「セミントラの味は好きな子が多い」と言っていましたので、味的にもOKな猫さんが多いのではないかと思います。

口から直接飲んでもらう

シリンジから直接、飲んでもらうようにしました。手を添えて口を開き気味にし、上あごの方に向かって入れてあげると、スムーズに飲んでくれます。

直後に吐くときの工夫

シリンジから飲ませていたのですが、一時、セミントラを飲んだ直後に吐くことが増えました。

セミントラの成分を吸収して吐いているのではなく、セミントラが喉のあたりにくっついてしまうのか、その物理的刺激で、飲んですぐに吐く感じです。

なるべく少しずつ、ゆっくりと飲ませてあげるのがコツのよう。

ただ、一時それでも結構、吐いてしまっていたので、今では他のサプリと混ぜて、水で薄めてあげるように飲ませ方を変えています。

その飲ませ方は、下記の記事に詳しく書いてあります。

この飲ませ方に変えてからは、ほとんど吐いたことがありません(半年に1回、あるかないかくらい)。

他のサプリを飲ませていない場合でも、お水で薄めて、少しずつあげると、吐きづらくなるかもしれません。

セミントラが体に付着すると毛が固まるので要注意

セミントラを飲ませるのに失敗して、口元や体に飛んでしまった場合、すぐにしっかりと拭き取ってあげた方が良いです。

そのまま乾くと、毛が固まってしまいます。

固まった毛ごと、ごっそり抜けたことがありました。セミントラが原因と気付かずに、どうしたのかとヒヤッとしました。

床にこぼれた場合も、なかなかペタペタ感が取れなくなりますので要注意。

今では、セミントラが飛んだりこぼれたりしないように、かなり慎重に扱うようになりました。



この記事をシェアする