猫砂なしペットシーツのみで使う猫のシステムトイレ 慣らす経過と便利グッズまとめ

我が家の愛猫のトイレは、猫砂なしです。

ペットシーツの上に、おしっこもうんちもしてくれます。

掃除は、ペットシーツを取り替えるだけなので、とっても簡単。

この方式になるまで、試行錯誤がありました。その経緯と、今使っている便利アイテムについて、まとめました。

もともとはシステムトイレ+猫砂

小さな頃から使っていたのは、システムトイレのデオトイレでした。

デオトイレ 1週間消臭・抗菌デオトイレ フード付き本体セット (アイボリー)

不満はなかったのですが、腎不全で入院した後、彼の手足に触れるすべてのものを見直しました。

その一環で、猫砂も、体にできるだけ害がなさそうなナチュラルタイプに変更しました。

ただ、ふと気付いたのですが。

うちの猫は、洗面台やキッチンのシンクなどに、トイレするのが好きなのです。

参考記事

もしかして、

  • 猫砂なしでもOKなのでは?
  • むしろ、なしの方が好きだったりして?

と思い、徐々に猫砂を減らしていきました。

猫砂を補充するのをやめて、うんちの後処理とともに、減っていくままにしました。

最終的に、猫砂がなくなりました。本人は、まったく変わりなく、普通にトイレを使っています。

猫砂は、不要だったようです。

猫砂がなくなったら部屋に転がる猫砂問題から解放された

猫砂がなしになったら、部屋に転がる猫砂問題から解放されました。

今までは、どれだけ工夫しても、トイレの度にコロコロと転がっていました。それがなくなったのは、大きかったですね。

しばし猫砂なしのすのこに直接おしっこ&うんちの日々が続く

それから、猫砂を敷いていない、システムトイレのすのこに、直接おしっこ・うんちをするスタイルが何年か、続きました。

トイレの後は、除菌用のアルコールをシュシュッと吹きかけて、ティッシュで拭きあげます。猫砂に汚れが付くことがないので、清潔に保ちやすくなりました。

すのこの下の引出しには、デオトイレの専用シートを入れていました。

デオトイレ 1週間消臭・抗菌シート 10枚入り×3個

おしっこを毎日確認したいので1枚使い捨てのペットシーツを導入

その後、

  • おしっこの量・頻度・色を毎日確認したい

という状況が訪れました。

ストラバイトやシュウ酸カルシウムが尿検査で出たからです。

前述のデオトイレ専用シートは、1週間は取り替え不要。それだと、おしっこの状態が確認できません。

そこで、もっと薄いペットシーツを導入して、毎回のおしっこごとに交換する体制へ、変えることにしました。

そのために購入したのは、Charm(チャーム)のペットシーツです。

他にも、爽快ドラッグのオリジナルなど、レビュー数が多い製品を中心に比較検討しました。結果、国産の安心感とコストパフォーマンスの良さが決め手となり、Charmにしました。

160枚いりで928円。1枚あたり5.8円です。1日1回取り替えると、1週間(7日間分)で40円

もともと使っていたデオトイレ専用シートは、10枚入り×3パック(30枚)のまとめ買い割引価格で2,800円。1枚あたり(7日間分)で93円

チャームのペットシーツにすると半額以下になります。1日2回取り替えたとしても、7日間分80円なので安いですね。

そして、安さ以上に、毎回のおしっこの色・量・においを、明確に把握できるメリットは計り知れません。

サイズはデオトイレ専用シートより一回り大きいサイズ

チャームのペットシーツは、サイズ違いで3種類あります。私が買っているのは「レギュラーサイズ」です。

サイズは、34cm×45cm。デオトイレ専用シートが29cm×43cmですから、一回り大きいくらいのサイズ感です。

システムトイレの、すのこ下の引出しに入れて使っている人も多いようです。そのままでも入りますが、少し端を折るとスムーズです。

すのこの上にペットシーツ方式に変更

チャームのペットシーツを導入したのと同時に、我が家ではシーツを敷く場所を変更してみました。

今までは、すのこの下にデオトイレ専用シートを敷いていたわけですが、すのこの上に変更です。

汚れ防止でペットシーツ2枚を横に敷いた上に取り替え用の1枚を設置

すのこの上には、汚れ防止でペットシーツを2枚敷き詰め、その上に1枚を設置しました。

おしっこの度に取り替えるのは、一番上の1枚のみ。下の2枚は、汚れれば取り替えますが、基本的に敷きっぱなしです。

その下の、すのこ下の引出しの中には、念のためデオトイレ専用シートを敷いてあります(ここまで汚れたことは、今のところありません)。

ちょっとわかりづらいですが、右横に置いてあるのがチャームのペットシーツです。真っ白でシンプルなパッケージなので、トイレ横に置いても気にならず助かります

一瞬戸惑うが、すぐに平気でおしっこしてくれた

ペットシーツをすのこの上に敷いた日、猫本人は、トイレに入った瞬間、一瞬戸惑っていました。

ですが、一通りトイレのにおいを確認すると、いつも通りのスタイルでおしっこをしてくれました。

切り替え、スムーズに成功です。

彼の行動に合わせて位置を微調整

その後、うちの猫の行動に合わせて、位置の微調整を重ねました。

おしっこを飛ばしやすい場所や、カリカリと引っかく癖のある場所などは、ペットシーツを二重にしたりテープで留めたりして工夫し、完成です。

まったくトイレ本体が汚れない喜び

ペットシーツに直接排泄してもらう体制になると、すのこにおしっこやうんちが触れなくなります。トイレ本体が、まったく汚れなくなりました。

今までは、どうしても、すのこの隙間に、おしっこ汚れやうんちが詰まって、不衛生だったのです。

トイレを衛生的に保つことは、猫の健康に直結します。今までかなり気を遣っていました。

それが、汚れは全部、ペットシーツごと捨てられるのですから、本当に気が楽になりました。

トイレのそぶりを見せてから排泄するまでの時間が短くなった

猫本人にとっても、今回の体制変更は、良かったようです。

というのも、トイレのそぶりを見せてから排泄するまでの時間が、短くなったのです。

今までは、何度かトイレに向かうものの、部屋中を駆け巡ったり、トイレに入っても出てきたりする時間があったのですが、今は、「気付くとしている」感じ。

トイレ以外の場所で、うんちをしようとすることも、なくなりました。

廃棄したペットシーツのニオイが気になるときは防臭袋がおすすめ

1回ごとに廃棄するペットシーツは、薄手で簡易的な作りです。1週間用として作られているデオトイレ専用シートと比較すると、消臭力はありません。

(逆に、余計な成分が入っていない分、猫が触れても安心感がありますが)

ペットシーツを捨てるときに、ニオイが気になる場合は、防臭袋が非常におすすめです。これは、本当にすごい威力です。

驚異の防臭袋 BOS (ボス) うんちが臭わない袋 ペット用 うんち 処理袋【袋カラー:ブルー】 (Sサイズ 90枚入)

犬の散歩時に、うんちを持ち帰るための袋」というのがメインの用途のようですが、Amazonのレビューを読んでみると、猫用に使っている人がたくさんいます(こちら)。

猫のおしっこのニオイも、うんちのニオイも、この袋に入れるとまったくしなくなるので、不思議です。

我が家で使っているサイズはSサイズ

サイズがSS・S・M・Lの4種類あります。我が家で使っているのはSサイズです。

レビューを見ると、猫用に使っている人は、SかSSを購入されているようです。

SSは、ペットシーツ1枚と1回分のうんち程度が適量のよう。それより一回り大きいSサイズの場合、ペットシーツを2枚入れても、袋の端をきつく縛ることができます。

うちでは、汚れがペットシーツ2枚にわたる日もあるので、Sサイズにしました。結果、ちょうど良かったです。

ペットシーツは最初、3折×3折で9分の1サイズに畳まれています。使用後に元のサイズに畳んで袋に入れると、上記写真(↑)のようになります。

メーカーのサイズ一覧には、下記の記載がありました。

驚異の防臭袋 BOS (ボス)

ちなみに、ぎゅっと口を縛ったらニオイがしないのはもちろんですが、縛らずに畳んでおくだけでも、おしっこのニオイが漏れません。

袋部分を半分に折っただけ

なので、おしっこ1回ごとに1枚袋を使うのではなく、何回分かをまとめておいて、ゴミを捨てるタイミングで捨てるようにしています。経済的です。

驚異の防臭袋 BOS (ボス) うんちが臭わない袋はこちら

薄手のペットシーツは常備しておくと便利

ところで、トイレ体制を変えることで、初めてペットシーツを購入しました。ペットシーツって、常備しておくと、とても便利ですね。

吐くときにあると本当に便利

例えば、急に猫がオエオエ言い出して、もうすぐ吐く!というとき。

今までは、慌ててティッシュペーパーやら厚手のウェットシートやらを手に集めて、キャッチしに行っていました(それで、いつも失敗して床掃除)。

ペットシーツを広げてサッとキャッチすれば、全然失敗しません。

床に吐いてしまった後でも、ペットシーツを裏返しにかぶせて、できるだけシーツ吸収させてから、シーツで拭き取るようにすると、ほぼ一発できれいに拭き取れます。

人間用にも使い道たくさん

レビューを読んでみると、災害時の簡易トイレ代わりにしたり、月のモノの漏れ防止に敷いたり、海外旅行中のダニ予防に敷いたり、液体をこぼしたときに吸い取ったり……と、さまざまに使えることを学びました。

雨の日に窓を開けっぱなしにしてしまい、フローリングに雨が吹き込んでしまったとき、ペットシーツをぞうきん代わりにして拭き取ったら、あっという間にピカピカになりました。

猫にとっても、私にとっても、良い選択ができました。

Charmのペットシーツはこちら



この記事をシェアする