暖かいボックスシーツこれはおすすめ!セシール「伸縮するから簡単フィット」着脱簡単のびのびタオルシーツ

家事の中で、面倒に感じるひとつが、

  • ベッドのシーツの洗濯

です。

特に、着脱するのが一苦労。シングルサイズならまだ良いのですが、クイーンサイズ・キングサイズになってくると、一人で着脱するのが大変です。

それが、シーツを買い替えたら、一気に解消してくれました。

しかも、このシーツ、それが売りではないのに、妙に「暖かい!」という副次的効果もありました。

おすすめシーツはセシールにあった

旧シーツが古くなったため、買い替えるシーツを調査していました。

その中で、ピカいちの高評価が目立っていたのが「セシール」のボックスシーツです。

(セシール)cecile シーツ 「伸縮するから簡単フィット!」着脱簡単のびのびタオルシーツ アイボリホワイト B CZ-814 CZ-814

このシーツは、すばらしい。Amazonでの評価は、なんと⭐️4.8と超高評価。

↑の写真は「アイボリーホワイト」ですが、12色の色がそろっています。


cecile シーツ

サイズは、

  1. A(セミシングル~シングル用)
  2. B(セミダブル~ダブル用)
  3. C(クイーン~キング用)

の3種類。すべてのサイズに対応しています。

ピタッとフィットして全然ずれない!

セシールのシーツに買い替えてから、まったくシーツがずれなくなりました

今までのシーツでは、古くなってくるとゴムがゆるんで、シーツがずれてしまっていました。

セシールのシーツは、端のゴムで支えるのではなく、シーツの布全体がのびてフィットします。まったくずれる気配がありません。


cecile シーツ

適当に取り付けても、まっすぐピシッとしてくれる

うれしいのが、洗濯が終わった後、適当に付けても、容易にまっすぐピシッと整ってくれるところです。

端と端をしっかり合わせて気を遣わないと曲がってしまった、旧シーツとは全然違います。

これなら、頻繁に着脱しても、ストレスに感じません。

ドラム式洗濯機で洗濯から乾燥までしている

本来の洗濯方法は、

  • 洗濯機OK(ネット使用)

と書かれています。

洗濯表記はこちら。

タンブル乾燥禁止」の記号が表示されています。

そのため、自己判断になりますが、我が家ではドラム式洗濯機で洗濯から乾燥まで、行っています。

もう何十回もその方法で洗濯していますが、問題は起きていません。

長期使用で比較すると、傷むのが早くなるのかもしれません。たとえそうだとしても、そこは割り切っています。

それよりも、簡単に頻繁に洗濯できる方が優先順位が高いためです。

余談:タオルケットや枕カバーと一緒に一気に洗濯

余談ですが、シーツを洗うときには、タオルケット2枚や枕カバーも一緒に洗濯しています。

シーツのサイズはC(クイーン~キング用)、我が家の洗濯機は洗濯容量10kg・乾燥容量6kgです。

シーツやタオルケットには、洗濯ネットは使わず、そのまま洗濯しています(本来は洗濯ネット使用が推奨されていますが)。

寝具を一気にすべてボタンひとつで洗濯できるのは、本当に楽ちんです。

暖かいタオルのパイル地が気持ちが良い!

先ほどの品質表示には、

  • 綿84%
  • ポリエステル15%
  • ポリウレタン  1%

と書かれていました。

伸縮フィットさせるために綿以外の材質も入っていますが、肌触りはタオルに限りなく近いです。

そして、これが妙にとても、暖かい

シーツによっては、ひんやりと冷たい感触のものも多くあります。このシーツは違います。

  • 「蓄熱システムでも備えているの?」

と思うほど、じんわりと暖かいシーツです。

夏の間は、暑いな!と思っていましたが、寒くなっていく今の時期にはピッタリ。

これなら冬も暖かく過ごせそうです。

セシールのシーツはこちら



この記事をシェアする