水なし・炒めない・たまねぎだけ!超簡単で超絶品な圧力鍋チキンカレーのレシピ

ミシュラン掲載の店や食べログ上位の店でもカレーを散々食べましたけど、それを超える!?と思えるカレーのレシピができました。

材料

まず材料はこちら(6皿分)。

  • 鶏もも肉 3枚(750g)
  • たまねぎ 6
  • 野菜ブイヨン※1(またはコンソメ) 1
  • 味の母※2(またはみりん)大さじ3
  • ケチャップ 大さじ2
  • 中濃ソース 大さじ1
  • カレールー※3  6皿分

※1:「野菜ブイヨン」はこちらを愛用。

オーサワの野菜ブイヨン(徳用)
洋風の料理はすべて使っているほど。これを使うとどんなレシピでも一段階ランクアップする
オーサワの野菜ブイヨン

※2:味の母は、酒とみりんの一人二役をこなす調味料。

味の一 味の母(みりん) 720ml
和風から洋風まで毎日かかさず使っている調味料(味の一 味の母

※3:カレールーはお好みで。我が家ではいつもこちらを1袋使います。

エバラ 横濱舶来亭 カレーフレーク こだわりの中辛 180g
1日目からじっくり寝かしたような味になる。今回のレシピとの相性抜群(エバラ 横濱舶来亭 カレーフレーク こだわりの中辛

作り方

  1. 鶏もも肉を一口大に、たまねぎを薄切りにする。
  2. カレールー以外の材料をすべて圧力鍋に入れ火にかけ、重りが回り出したら火を弱めて加圧。高圧なら10分、普通圧なら20分。
  3. 加圧時間が終わったら、圧が抜けるまで自然放置。
  4. 圧が抜けたらルーを入れ、弱火で10分煮込んでできあがり。

コツ

ご覧の通り、超簡単です。ですが、超おいしいのです。

食べた人が皆、感激のほめ言葉を発してくれるレベルです。

コツとしては、

  • たまねぎは炒めない
  • お肉も炒めない
  • 水は一滴も入れない
  • 隠し味(ケチャップ・ソース)は最初から入れる

……ということくらいでしょうか。

それと、圧力鍋のふたを閉める前に全体をまんべんなく混ぜておいてください

お肉が大量のたまねぎの間に挟まっている状態にしておくと、やわらか〜いホロホロ肉に仕上がります。

「たまねぎだけ」の潔さがポイント

「カレー」というと、あれこれ野菜をたくさん入れたくなりますが、あえてたまねぎのみにして、カレーに入れたかった野菜は他の料理として準備し、カレーのトッピング的な扱いで登場させます。

たまねぎだけのカレーだからこそ、どんなおかずにも合うんですよね〜。

だから、残ったカレーも数日間にわたってトッピングを変えながら楽しめます。

ポテトサラダ、ボイル野菜、唐揚げ、ハンバーグ、エビフライ、etc.なんでもOK。

また、たまねぎしか入れないからこそ、「じゃがいもが煮崩れる」とか逆に「人参がまだ固い」といった心配事をせずに、本当に簡単に作れます。

たまねぎも、バターで炒めるのではなく圧力鍋で甘みを最大限に引き出していますから、炒める以上においしいだけでなく、手間とカロリー両方カットになります。



この記事をシェアする