サラダスピナー 洗いやすいおすすめ 4種比較し1番はOXOオクソーだった レビュー

今までに、「サラダスピナー」を4種類使いました。

最終的に「OXOがベスト」という結論に至り、それからずっとOXO一筋です。

OXOの前に一番長く使っていたサラダスピナーはパール金属のもの

現在のOXOの前に、4種類のサラダスピナーを使ったことがあります。

最も長かったのは、パール金属の下記のサラダスピナーでした。

パール金属 サラダ スピナー 野菜 水切り 器 Petit chef Jr C-750

かなりしっかりと水が切れていましたし、サイズ的にも「必要十分」と感じていました。

しかし、キャベツかレタスか、何かを洗ったタイミングで、ふたに妙なニオイが付いて、取れなくなりました。

ナチュラル系の洗剤では太刀打ちできなかったので、塩素系漂白剤のキッチンハイターを使ってみたりもしましたが、謎のニオイは取れず。

ニオイの種類は、変な話ですが、「わきが」のようなニオイです。

それも強くて、使い終わった後、このサラダスピナーをシンクに置いておいたら、通りかかった家族が自分のワキをくんくんして、「あれ、俺、くさい??」と聞くほどでした。

その後、経年劣化か、キッチンハイターによるダメージか、ふたのプラスチックが割れてしまって、廃棄しました。

その後、OXOのサラダスピナーに出会う

その後、パール金属や山研工業のサラダスピナーを使いましたが、サイズが大きすぎたり、小さすぎたり、水切り力が弱かったり、ふたのかみ合わせが悪かったり……と、しっくりこないままでした。

  • 「もっと、これだ!!と思えるサラダスピナーはないものか…」

と思っていたときに出会ったのが、OXOのサラダスピナーです。

OXO サラダスピナー 野菜水切り器 小 1351680

OXOのサラダスピナーの中でも、サイズが3種類ほどありますが、私が購入したのは「小」です。

OXOサラダスピナー、私の使い方。プッシュするだけで水切りできるのがとても便利

サラダ用の野菜を、まずはかごに入れ、水を溜めて洗います。

キャベツの千切りなど、少し水に放してパリッとさせたい場合は、ここで浄水の冷水に浸けておきます。

その後、ふたをして水切りをするのですが、水切りの仕方が、OXOはひと味違います。

今までに使ってきた他のサラダスピナーはハンドルを回して水切りしていましたが、OXOは、下記写真の黒くて丸い部分を、プッシュするだけという簡単さです。

なんの力もいりません。ぷしゅぷしゅ押すだけで、スッキリと水切りができます。

私が持っているのは「小」ですが、野田琺瑯のレクタングル深型L(1.5L)がいっぱいになる量の野菜が、余裕で洗浄&水切りできます。

野田琺瑯レクタングル深型Lに入れたところ。これ以上の量のサラダを一回に作ることはないので、必要十分でした

以前、大きすぎるサラダスピナーを購入してしまい、とても使いづらくて困ったことがありました。

パール金属 野菜 水切り 器 たっぷり 水切り サラダ スピナー マイティ C-66
2代目に買ったパール金属のサラダスピナーはこれでした(パール金属 野菜 水切り 器 たっぷり 水切り サラダ スピナー マイティ C-66

「大は小を兼ねる」と思って購入したものの、あまりにも大きくてシンクでの取り回しや洗浄がしづらい上に、収納場所もありません。

そして、サラダは早めに食べきれる分だけ作りたいことを考えると、こんな特大のサラダスピナーで一気に生野菜の水切りをしたいというシーンが、我が家の場合ないのです。

その観点から考えると、OXOのサイズ感は、今まで使ったどのサラダスピナーよりも、ドンピシャでした。「野田琺瑯レクタングル深型Lの1個分にぴったり」というのは、本当に理想的。

もしも壊れてしまったら、またOXOをリピートしたい

OXOのサラダスピナーは作りがしっかりしているので、まだまだ壊れそうにありません。

が、もしも壊れてしまったら、またOXOをリピートすると思います。

他のサラダスピナーも使ってみましたが、これ以上、私にしっくりくるサラダスピナーはないだろうなと思うのです。

OXOのサラダスピナーはこちら



この記事をシェアする