無印ホーロー容器の使い方 サイズが冷蔵庫のチルドスペースにぴったり

琺瑯(ホーロー)といえば、「野田琺瑯」が有名ですが、それに次いで持っている人が多いのが、「無印良品」の琺瑯かもしれません。

私は、野田琺瑯を中心に集めつつ、2つだけ無印良品の琺瑯を持っています。というのも、冷蔵庫のチルドスペースにぴったりのサイズなのです。

琺瑯だらけの冷蔵庫で、チルドスペースで活躍する無印良品

私は野田琺瑯が大好きです。

持っている野田琺瑯について書いた記事

そんな、野田琺瑯だらけのキッチンの中で、無印良品がふたつ、あります。

定位置は、冷蔵庫のチルドスペース。

  • 「ここに置くために作られたんじゃないか」

と思うくらいにぴったりなこの琺瑯は、下記のサイズです。

チルドスペースって、お肉やお魚を保存することが多いので、そのまま使うと、かなり色が散ります。

そこで「バルブ付き密閉ホーロー保存容器【深型・大】」、これをふたつ、チルドスペースに並べてみたら、ぴったりでした。

見た目だけでなく、肉魚の鮮度をキープするためにも、ゆっくりおいしく解凍するためにも大活躍

当初は、「見た目をそろえたい」という気持ちで購入した無印良品のホーロー容器でしたが、実は、機能的にも大活躍でした。

ホーロー容器の中に肉魚を入れておくと、鮮度が気持ち良くキープされるんです。

また、冷凍しておいた食材はゆっくり解凍するほど、おいしく解凍できますが、その解凍時に置いておくスペースとして、ぴったりなことを発見しました。

(例)私の冷凍肉の解凍の方法

例えば、冷凍ストックしておいたお肉。私は、お肉を調理する24時間以上前に冷凍庫から出して、チルドスペース内の無印のホーロー容器へ移動することにしています。

チルド室に置いたホーロー内は温度が低くなるため、非常にゆっくりと解凍することができます。

24時間では完全に解凍されていないこともありますが、カットできる程度には解凍できているので、そのまま調理することが多いです。

むしろ、「完全に解凍させない方が、ドリップが出ずに良い」という考え方もありますしね。

左のホーロー容器は肉魚、右のホーロー容器は使いかけの食品を保存

ちなみに、お肉やお魚は、左側のホーロー容器に保存しています。

そして、もうひとつの右側のホーロー容器は、使いかけの食品(主に開封済の袋)を、まとめて保存しています。

使いかけのかつお節、ゴマ、塩昆布などの袋入りのものって、色も形もバラバラで、立てることもできないし、きれいに収納しにくいんですよね。

それらをひとまとめにホーロー容器の中に入れてしまえば、すっきり

バブル付き密閉ふた」なので、湿気もバッチリ防いでくれます。

追記:無印のホーロー容器を使っているレシピ本

ホーロー容器が使われているレシピ本では、ほとんどが野田琺瑯ですが、下記の本では無印良品のホーローで統一されていました。

作る・食べる・保存がこれ1つで 毎日のホーローレシピ (講談社のお料理BOOK)

無印良品のホーロー容器でそろえている人にとっては、使いやすくて良いのではないかと思います。

私が使っている無印の琺瑯はこちら



この記事をシェアする