キャットフード保存容器は野田琺瑯のTUTUを愛用中 おしゃれフードストッカー

猫のキャットフードって、湿気が気になります。

袋にジッパーチャックが付いているものが多いですが、空気を抜きつつキレイにチャックするのは、ちょっとした手間。毎日のことですからね。

そこで、もっと簡単にチャックできる保存袋なり、容器なりに移したいと思うのですが、

  • 密封性
  • 遮光性

の両方を満たしているものには、なかなか出会えませんでした。

だから、「野田琺瑯のTUTU」を見つけたときは、うれしくて、それからずっと愛用しています。

密封性のある容器や袋は、大抵、遮光性がない

密封性のある容器として代表的なのは、「ジップロック」ですよね。

ジップロック スクリューロック 保存容器 カラーアソート 7個入 (青色3枚・赤色2枚・黄色2枚)

ジップロックなら、密封性はしっかりあります。

容器タイプではなく、イージージッパーが付いている袋タイプでも、日々の開け閉めはグッと楽になるはず。

ただ、これらはすべて透明で、遮光性がありません。

猫のフードは、遮光性のある袋入りで販売されていますから、それを透明な袋に移動して良いものか、ちょっと不安を覚えます。

「茶筒」なら遮光性も密封性もあることを思い付く

  • 「猫のフードと同様に、密封性も遮光性も求められるものって何だろう?」

と考えていて思い付いたのが、コーヒーや茶葉などの類いです。

  • 「あっ、茶筒なら良さそう!」

と思い、「茶筒」というキーワードで検索。

できるだけモノトーン調で、インテリアになじむものが良いなと思いながら、最初に購入したのはこちらでした。

江東堂高橋製作所 茶筒生地缶 平缶 手付560g

これはこれで、結構良かったのですが、直接入れると汚れとニオイがこびりつきそうな材質だったので、フードを薄いビニール袋に入れてから、缶に入れるという一手間がかかりました。

また、ふたがキツくて、頻繁に開け閉めするには、これも一手間。

大好きな野田琺瑯にも茶筒があった!

よりベストな猫フード容器はないかな?とアンテナを張っている中で、ありました。

大好きな野田琺瑯に。

野田琺瑯 TUTU (筒) S TU-9

私のキッチンは、野田琺瑯だらけです。

琺瑯の扱いやすさは、よく知っています。琺瑯で保存した食材は劣化が遅いですし、汚れやニオイが付いても、洗えばすぐに取れます。

この「TUTU」のシリーズは、シールふたの上に、さらに琺瑯のふたを重ねる形になっており、密封性も遮光性もバッチリ。

我が家で使っているSサイズ(0.8リットル)は、うちの猫が食べているフードだと270g程度入ります。4〜5日分になります。

もっと大きなサイズもありますよ。

Mサイズ(容量1リットル)

Lサイズ(容量1.2リットル)

開封後も鮮度がキープされているようで、いつもおいしそうにバリバリ食べてくれます。

チャックを開け閉めする手間も省けて、私も毎日気持ち良く使えています。

ニオイもしっかり遮断してくれる

猫のフードはニオイが強いですが、ダイニングテーブルに隣接したキッチンカウンターに置いておいても、まったくニオイがしません。

サッと洗えば、すぐにキレイに

洗うときも、洗剤を使わずに、サッとお湯で洗うだけでニオイも油分のぬめりも、スッキリきれいになります。

軽く水分をふき取れば、その場でカラカラに乾くのも良いところ。乾かす時間を置かずに、すぐにフードを詰めることができますからね。

私が使っている野田琺瑯 TUTU (筒) S TU-9はこちら



この記事をシェアする